So-net無料ブログ作成

東海大四の西嶋が厳重注意で禁止デマ!超スローボールは野球を変えるか?



このページは移転しました。
3秒後に自動でジャンプします。

自動でジャンプしない場合は
下記のURLをクリックしてください。

http://modernlife.tokyo/toukaidaiyon-nishijima-slowball/










2014年夏の甲子園。
東海大四の西嶋亮太がテレビ画面から消えるほどの
超スローボールを投げて話題となった。

だが、この超スローボールについて
一部からは批判の声があったり、
厳重注意を受けたなどという噂が流れていた。



超スローボールの厳重注意・禁止はデマだった


東海大四の西嶋亮太のスローカーブは、
試合前から知られていた。

試合中投げた90km/hに満たないスローカーブは、
確かに打ちにくそうな球だと感じた。

しかし、1回戦の九州国際大戦では、
そのスローカーブよりもさらに遅い、
自称50km/h台の超スローボールを主軸打者に4球投じた。

これにはテレビ観戦者や甲子園の観客がみな驚き、
一気に話題となった。

逆に東海大四の選手たちはそれを試合前から楽しみにし、
試合中もまわりの反応を楽しんで、
リラックスできたのかもしれない。

だがこの試合後、ツイッターなどで一部批判の声もあった。

その内容は、
「相手をなめている」
「高校生らしくない」
といったものだった。

さらに、ネット上では
「超スローボールの厳重注意を受けた」
「超スローボールが禁止された」
という噂まで出回った。

批判の声があったのは事実だが、
厳重注意があったことや禁止されたというのは、
2回戦でも超スローボールを投げたことでデマだと証明された。

それだけ反響が大きかったということだろう。


スポンサードリンク







超スローボールは野球を変える?


150km/hを超えるような速球は誰もが投げれるわけではない。
ならば、この超スローボールなら誰でも投げれるのだろうか?

超スローボールの効果としては、
「打者の目線を上げる」
「打者との流れや間合いにワンクッション入れる」
というものらしい。

「打者の目線を上げる」効果は、
九州国際大の選手が次のボールが低く見えたという発言から、
本当に有り得ることのようだ。

そして「打者との流れや間合いにワンクッション入れる」というのも、
実際にプロ野球で超スローボールを投げている、
多田野投手が同様のことを語っている。

では、超スローボール誰でも投げられて効果もあるため、
野球を変える可能性があるのではと思うかもしれないが、
私自身はそれは難しいと考える。

なぜなら超スローボールは誰にでも投げられるとは思うが、
これを効果的に使うにはそれなりに実力が必要だからだ。

超スローボールはほとんどがボールと判定される球である。
いつでもストライクが取れるという投手でなければ、
逆に自分の首を絞める結果となってしまう。

また、超スローボールが流行ったとしても、
打者はボールから目をきるなどの対策も考えられ、
長い間通用するとは考えにくいからだ。

よって、超スローボールは抜群のコントロールを持った、
西嶋亮太だからできたのであり、
これが野球を変えるとまでは行かないのではないだろうか。

とはいえ、投手としての考え方の幅を広げてくれたのは事実で、
高校野球レベルの向上という意味では、
充分に影響を与えてくれたのではと思っている。



最後に・・・


東海大四の西嶋亮太が超スローボールを投げたのは、
投球パターンを増やしたかったからだそうだ。

だが、手が小さい西嶋亮太には投げられる球種が少なく、
他の投手とは違う球を選択しなければいけなかったようだ。

そうして考えた結果、超スローボールが生まれた。

球が速いとか体が大きいのは確かに有利なことだと思う。
何も考えずに正面から真っ向勝負していては、
力が強い方が勝つのは当たり前である。

しかし、西嶋亮太のように体格的に不利でも、
他の人がやっていないことをやってみることで、
活路が見出せる可能性もある。

もちろん、すべてがうまくいくことはないだろうが、
そうやって考え方を変えていくことも、
野球選手としての資質の一つだと感じた。

今野球をやっている小・中・高校生には、
超スローボールをマネするのではなく、
西嶋亮太の考え方をマネしてほしいと思う。


~西嶋亮太の関連記事~
身長168cm!東海大四・西嶋のドラフトや今後の進路は?


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © サラリーマンの一筆 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。