So-net無料ブログ作成
検索選択

能年玲奈が障害だと!?しゃべくり007のトークがヤバイ!!

2013年にNHKで放送されたドラマ「あまちゃん」でヒロインを演じ、
ブレークした能年玲奈(のうねん れな)。

しかし、先日に「しゃべくり007」に出演した際、
トークの間合いが非常に悪く、
障害があるのでは?という噂まで出てきてしまった。

少し信じ難い噂だが、
能年玲奈の障害というテーマについて見てみよう。



能年玲奈が障害だと噂された原因


2014年8月4日に放送された「しゃべくり007」では、
能年玲奈はVIPゲストとして登場した。

この番組は1時間ずっと能年玲奈にスポットが当てられたが、
話を振られても3~4秒沈黙があるなど、
トークの間合い・テンポがかなり悪かった。

また、能年玲奈は2013年10月にも
「しゃべくり007」にも出演している。

そのときもやはり間合いが悪く、
言葉が詰まることが多かった。

他の番組でゲストとして登場したときも、
このテンポの悪さがあったようだ。

そのテンポが悪さがずっと続いてしまったために、
ネット上では障害があるのでは?
と噂されることとなってしまう。


スポンサードリンク







トークのテンポの悪さは障害なのか?


結論から言うと、「障害ではない」と言えるのではないか。

能年玲奈は演技を始めた頃、稽古中に悩みすぎて、
できる時とできない時がかなり極端だったようだ。

しかし、台詞覚えがよく本番ではしっかり出来る子で、
指導者が「芸能界では宝石に変わるかも」とまで言っていたそうで、
女優をやらないと生ゴミ」という衝撃的な事まで言われたらしい。

さらに、妹には「普通に働いても生きていけへんな」と言われており、
「私生活では地味だが舞台に上がると一気に変わる」という
まるで小説やマンガのヒロインのような性格なのかもしれない。

また、能年玲奈は人見知りのようで、
趣味も絵を描く、読書、アニメ鑑賞、ギターといったように、
どちらかというとインドア派で人との交流が積極的ではなさそうだ。

つまり、トークのテンポの悪さは単に話し下手なだけで、
障害である可能性は低いのではないかと考える。



最後に・・・


こういった悪質な噂が出るのは、
彼女がわざと喋れないキャラを演じているのが気に入らないとか、
実はデキるくせに計算して演じているいるのが気に入らないといった、
彼女に対する妬みから来ているらしい。

本当にそうであれば障害でないということになるが、
番組を見ている限り確かに歯切れは悪いが、
一般人でもあれくらいのテンポで喋る人はいるだろう。

だが、それはあくまで一般人の話であり、
テレビに出演する女優がそういうレベルでは
ちょっといただけないのではないか。

なので、厳しい見方かもしれないが、
能年玲奈に全く非がないとも思わない。

キャラを立てるのにはいいかもしれないが、
せめてもう少し沈黙の時間を短くするなど、
最低限トークできるくらいになったほうがいいのではないだろうか。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © サラリーマンの一筆 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。