So-net無料ブログ作成
検索選択

エボラ出血熱の対応や対策は?日本への上陸は・・・

致死率が最大90%と言われるエボラ出血熱が、
西アフリカで流行して国際問題となっている。

日本ではあまり聞かない病気だが、
致死率の高い危険な病気であるエボラ出血熱について、
対応や対策、日本への上陸の可能性について見ていきたい。



エボラ出血熱の対応や対策


エボラ出血熱はエボラウィルスによる感染症で、
はじめて発見されたのは1976年。
その後何度もアフリカ大陸で流行してきた病気である。

まずはそのエボラ出欠熱の症状から見ていきたい。


エボラ出血熱は2~21日間の症状のない潜伏期間があった後、発熱、頭痛、筋肉痛、のどの痛みを発症する続いて嘔吐、下痢や内臓機能の低下がみられ、さらに進行すると体のさまざまな部分から出血し、死に至る恐ろしい病気だ。
引用:東スポ


症状が進行すると、体中から出血があるという点が特徴だろう。
治癒後も失明や失聴、脳障害といった後遺症が残ることも少なくない。

基本的に空気感染することがなく、
アルコール消毒や石けんによる消毒が容易なことから、
流行国からの帰国者に感染が見つかった場合には、
感染症法に基づいて検査・消毒・入院させることで対応している。

そして感染の対策としては、流行国である西アフリカ3か国へは、
不要な渡航を控えることで感染を抑えている。

最近は医療の発達により、
致死率は55%程まで下がってきているらしい。

しかし、薬やワクチンなどはまだ存在しておらず、
体内の水分量を維持するなどの補助的療法で対応しているようだ。


スポンサードリンク







日本への上陸は?


エボラ出血熱は現在も西アフリカで感染が拡大している。
そして、医療関係者の感染もあり、医師が不足している状態となっている。


世界保健機関(WHO)で危険感染症の対策に当たっている進藤奈邦子チームリーダーが5日、都内で読売新聞の取材に応じ、西アフリカで感染が拡大しているエボラ出血熱について「史上最大、最悪の規模になり年内に収束させるのは難しい」との認識を示した。
引用:読売新聞


エボラ出血熱のアフリカ大陸での流行は過去に10回以上あったが、
今回が史上最悪の規模であり、年内の収束が難しいほどだそうだ。

そうなると、気になるのが日本への上陸の可能性だが、
これまでエボラ出血熱がアフリカで流行して、
日本に上陸したケースはない。

感染症法に基づいて対処や西アフリカへの渡航の規制などで、
今後も上陸する可能性は低そうだ。

実際に過去に流行したころに報道を聞いた人の話では、
そのときも今回のように大きく報道されたものの、
上陸する気配は全くなかったそうだ。

それでも、国際的な問題になっていることから、
関心は持っておいたほうがいいかもしれない。



最後に・・・


エボラ出血熱の薬やワクチンが存在しないのは、
開発が難しいという点と、
世界全体で見れば患者が少ないからといった理由もあるようだ。

致死率が高いこの病気への研究が進まないのは歯がゆいが、
つい先日、米政府がエボラウイルス感染拡大を防ぐため、
2億ドルを拠出すると約束したそうだ。

こういった危険な病気は、
拡大する前に対策できないのかと思ってしまうのだが、
今は少しでも犠牲者が減ることを祈りたい。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © サラリーマンの一筆 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。