So-net無料ブログ作成
検索選択

笹井芳樹と小保方晴子の関係は?NHKのメール内容がヤバい!



このページは移転しました。
3秒後に自動でジャンプします。

自動でジャンプしない場合は
下記のURLをクリックしてください。

http://modernlife.tokyo/sasai-obokata-kankei/










理化学研究所CDBの笹井芳樹副センター長と、
STAP細胞の論文を発表した小保方晴子博士。

二人は上司と部下の関係にあるのだが、
NHK「STAP細胞 不正の深層」の番組で、
親密なメールのやりとりが公開された。

これによって二人は不適切な関係だったのでは?
と騒がれることとなった。



NHKで公開されたメール内容


理研が論文調査のために集めた資料の中に、
二人のメールのやりとりもあったそうで、
NHKがこれを入手して番組で放送した。

笹井芳樹氏が小保方晴子氏の論文作成を指導していた頃に、
このようなメールが送信されていた。


笹井芳樹氏
「小保方さん 本日なのですが、東京は雪で、寒々しております。」
「そんなこんなで、残念ながら、早くラボに帰るのが難しい可能性があり、
直帰になるかもしれません。」
<中略>
「2回目のライブイメージングは、ムービーにしてみたら、
どんな感じでしたでしょうか?」
「では、また明日にでも見せてくださいね。」
「小保方さんとこうして論文準備ができるのをとてもうれしく、
楽しく思っており、感謝しています。」


これに対して小保方晴子氏は以下のような返信をしている。


小保方晴子氏
「笹井先生 いつも大変お世話になっております。」
「寒い日が続いておりますが、お体いかがでしょうか?」
<中略>
「Figの仮作りができそうですので、
また近いうちにご相談に伺わせていただけないでしょうか?」


NHKの番組ではこのメール文を男女のナレーターが、
弾んだ声や猫なで声で読み上げており、
いかにも親密で不適切な関係であるように強調していた。

実際にメール文を見ると笹井芳樹氏の、

「小保方さんとこうして論文準備ができるのをとてもうれしく、
楽しく思っており、感謝しています。」

という部分が気になるところだろう。

多くの人が「上司と部下の関係」に
疑問を感じてしまうのではないだろうか?


スポンサードリンク







笹井芳樹氏と小保方晴子氏の不適切な関係?


笹井芳樹氏と小保方晴子氏が、
不適切な関係であったとされる報道や行動は他にもある。

まずはSTAP細胞論文の共著者になっていたことである。
このことはCDBのセンター長である竹市雅俊氏も、
論文が発表されるまで知らなかったそうだ。

そして、笹井芳樹氏は特許の出願者にまで加わっており、
STAP細胞論文の不正問題に大きく関わっていたようだ。

さらに、研究費で年に50回以上、
二人の出張があったとも報じられている。
(小保方晴子氏はこれを否定している。)

ネットでは笹井芳樹氏が

「(小保方氏は)僕のシンデレラ
「僕が彼女のケビン・コスナーになる」

と発言していたと言われているが、
これは彼らの同僚が嫌気がさして暴露したという噂だ。



最後に・・・


メールでのやりとりの公開があったものの、
ネット上の発言や研究費の使い道などはあくまで噂であり、
笹井芳樹氏と小保方晴子氏の不適切な関係であったかは、
まだ不明確な点が多い。

しかし、NHKの番組では、
この関係が不正を招いたと言いたかったように見えるが、
少々やりすぎのようにも感じた。

STAP細胞の真偽と共に、
二人の関係にも今後注目が集まりそうだ。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © サラリーマンの一筆 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。