So-net無料ブログ作成
検索選択

安倍川花火大会のキュウリで食中毒(O157)!商品名や症状は?

静岡県で毎年開催されている安倍川花火大会。
2014年は7月26日に開催され、
今年は約60万人の見物人が訪れたらしい。

しかし、その露店で販売されていた冷やしキュウリで
食中毒が発生してしまったようだ。

冷やしキュウリの商品名や症状はどんなものなのだろうか?



対象の商品名や食中毒の症状について


安倍川花火大会の冷やしキュウリで発生した食中毒について、
すでにニュースで取り上げられている。


静岡市は2日、市内で7月26日に開かれた「安倍川花火大会」の露店で売られた「冷やしキュウリ」を食べた6~48歳の男女32人が下痢や血便、発熱などの症状を訴え、うち4人から腸管出血性大腸菌O157を検出したと発表した。
引用:産経ニュース


現在32人に症状が出ているそうで、
命に別状はないものの、12人がが重症で入院している。

食中毒が起きた露店の商品名や症状について、
ツイッターで情報が流れていたのでご紹介したい。




冷やしキュウリの商品名は「きゅうり棒」らしい。
実際はキュウリではなく味噌に原因があったとのこと。

下痢や血便、発熱が今になって出ているそうで、
発症まで1週間くらいかかるようだ。

これから症状が出る人がいるかもしれないので、
対象者は注意が必要である。

以下、安倍川花火大会の冷やしきゅうりについてのツイート。











スポンサードリンク







過去の事例について


まだまだ祭りのシーズンなので、
これから祭りに行く方は食中毒が気になるかと思う。

そこで、今年発生した食中毒について少し調べてみた。

2014年8月1日までの厚生労働省の食中毒統計資料では、
食中毒の患者は全国でなんと8,700人もいる。

1月から3月まではノロウィルスの被害が多かったが、
春先からはカンピロバクター菌の被害が増えている。


~ カンピロバクター菌の関連記事 ~
カンピロバクター菌の食材 感染経路 症状は?


発生場所は飲食店がダントツに多いが、
老人ホームや保育所の施設などでも発生が確認されている。

そして、過去にも祭りの会場で起きた食中毒の事例はある。

2012年7月24日、山梨県では夏祭りに参加した約165人が下痢や腹痛を訴えた。
原因は夏祭りで提供した食品のウェルシュ菌だったそうだ。


↓山梨県の食中毒に関する報告書
http://www.pref.yamanashi.jp/eisei-ykm/documents/120803shokuchuudoku.pdf


露店は食中毒の対策はしているかと思うが
こういった事例も過去にあるので、
祭りで生もの系を食べるときは注意したほうがよさそうだ。



最後に・・・


夏休み真っ只中の8月。
家族や恋人、友人同士で夏祭りや花火大会に行く方も多いだろう。

気分が高揚しているときに冷たい生もの系を見ると、
ついつい買ってしまうかもしれない。

もちろん、消費者側には何の非もないのだが、
それで食中毒になってしまったら元も子もない。
きっと最悪の思い出になってしまうだろう。
(無事なら笑い話のネタにはなるかもしれないが・・・。)

衛生面に不安がありそうな露店だった場合は、
なるべく避けた方がいいかもしれない。

多くの人が楽しみ、良い思い出となるよう
祭りの実行委員などには安全管理を徹底し、
消費者側もその点には気をつけてほしいと思う。


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © サラリーマンの一筆 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。