So-net無料ブログ作成
検索選択

藤原武の小児性愛は病気だった!症状や治療法は?

最近、小学生などの小児が被害にあう事件が増えています。
その犯人の中には小児性愛という病気を患う人もおり、
藤原武容疑者の犯行の原因も、この病気であったようです。

アメリカの精神医学会などでも研究されている病気のようですが、
日本ではまだほとんど認識がされていないのが現状です。

小さな子供がいる家庭では特に気になるかと思いますが、
一体、どのような病気なのでしょうか?



小児性愛について


小児性愛(しょうにせいあい)とは、
13歳以下の子供に対して異常な感情を持ち、
その衝動によって感情をコントロールできなくなり、
犯行などを起こしてしまう病気です。

海外では「ペドフィリア」と呼ばれる病症で、
児童性愛(じどうせいあい)や小児愛(しょうにあい)とも呼ばれています。

少女へ恋愛感情を持つ「ロリコン」とは異なるもので、
精神医学のテーマともなっているそうです。

特徴としては犯罪を犯すまで自身の異常に気づかないことや、
女性よりも男性の方が圧倒的に多いという点です。

この病気は薬やカウンセリングによって治療をしますが、
「忘却の病」とも言われ、完治することがないそうです。

ですが、「認知行動療法」と呼ばれる治療法を3年間続けることで、
ある程度感情をコントロールできるようになるそうです。


スポンサードリンク







認知行動療法とは?


認知行動療法は、自分の感情がいつ異常な状態になるか自覚させ、
感情をコントロールさせていくものだそうです。

例えば、小児性愛に苦しむのAさんの場合、

「他者との行動を避けて一人を好むとき」
「ウソをつくとき」

などの兆候が見られたときがリスクが高まるときであり、

「ネットで目当ての子の情報を収集」
「暇な時間に子供がいそうな場所を徘徊」
「疲労感と睡眠不足」

といった行動をしているときは犯行に繋がるサインだそうです。

疲労感と睡眠不足というのはかなりリアルで、
自分で自分をコントロールできていないのがうかがえます。

この対処法としては、腕に輪ゴムを巻いておいてパチンと鳴らし、
痛みによって我に返らせたり、
防犯ブザーを常備して自ら鳴らし、
周りに自分の存在を気付かせるなどがあるようです。

こうして再犯防止計画をたてて1ヶ月ごとに更新し、
効果のある対処法を残して3年間続けて、
少しずつ感情をコントロールしていくのだそうです。



最後に・・・


小児性愛者のこういった実情を知ると、
犯罪者側も苦しんでいるように感じますね。

だからといってその犯行は許されるものではないのですが、
犯行を止めるのもまた難しいようですね。

最終的には自己防衛するしかないようで、
閉鎖的な場所や時間帯は極力さけるように、
子供に指導したり、まわりの大人も注意する必要があります。

小児性愛が増えているのは情報技術の発展により、
犯罪を煽るような情報が簡単に手に入ってしまうことのが
原因のひとつだと言われています。

おそらく、これからも犯行が取り上げられることが
多くなっていくのではないでしょうか?

精神的な病気ということで非常に難しい問題ですが、
この問題に対して社会的にも対処していってほしいと思います。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © サラリーマンの一筆 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。