So-net無料ブログ作成
検索選択

ジェルビーニョのドリブル! サイドアタッカーだ! スゴいぞ!

ワールドカップ日本代表の初戦はコートジボワールですね。
ヤヤトゥーレ選手やドログバ選手が注目されますが、
それ以上に警戒されているのがジェルビーニョ選手です。


ジェルニーニョ 画像.jpg



ジェルビーニョのプレースタイル


ジェルビーニョ選手はFWの選手で、
コートジボワール代表では主に左サイドで出場しています。

スピード溢れるドリブルが持ち味で、
同じイタリアのリーグで活躍している長友選手からは、
「普通に走るのとドリブルのスピードが変わらない。」
というかなり評価をされています。

つまり、典型的なドリブラータイプのサイドアタッカーですね。
そのスピートは「世界屈指」と言われるほどスゴいんです。


【12ヶ国目】ジェルビーニョ / コートジボワール【W杯注目選手】 Gervinho / Cote d'Ivoire



ジェルビーニョ選手は最近力をつけてきた選手です。

現在所属するASローマに移籍してくる前までは、
アーセナルに所属していました。

しかし、アーセナルでは期待されていたものの結果を出せませんでした。
ポジションがセンターフォワードだったためか、
持ち味を出し切れず、精彩を欠く場面もあったのだとか。


ジェルビーニョ アーセナル 画像.jpg


ところが2013年にローマに来てからはサイドでプレーし、
ゴールを決めるだけでなく正確なパスで得点を演出したり、
ドリブル突破でディフェンスを切り崩したりしてブレークしました。

味方を生かすというプレースタイルは、
ローマのセンターフォワードを務める、
元イタリア代表のトッティ選手の影響が大きいようです。

自分が認める師のような存在の人物に出会えたわけですね。
この移籍がジェルビーニョ選手のターニングポイントになりました。


スポンサードリンク







日本代表が気をつけること


日本代表がジェルビーニョ選手に気をつけることは、
やはりドリブルによってディフェンス陣を切り裂かれないことでしょうね。

幸い、日本のサイドバックには頼れる人材が多いため、
何とかがんばってほしいところです。


ジェルビーニョ ドリブル 画像.jpg


また、ジェルビーニョ選手はメンタル面に影響されることが多く、
良くも悪くもお調子者タイプのようですね。

つまり、ダメな時はさっぱりだけど、
いいときは手がつけられないという感じです。

コートジボワールの中心はヤヤ・トゥーレ選手ですが、
ケガでベストのコンディションとは言い難いため、
オフェンスの軸になるのはジェルビーニョ選手になるかと思います。

日本代表は彼に気持ちよくプレーさせないことがカギになりそうです。
まわりの度肝を抜くようなサイドアタックは、
コロンビア戦やギリシャ戦でお願いします。。。(^^;


~ コートジボワールの関連記事 ~
W杯2014 コートジボワール代表の強さや特徴 要注意人物は?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © サラリーマンの一筆 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。